遊水工房
トップ | ギャラリー | 遊水徒然日記 | 工房フォト | 遊水ひとりごと | リンク

近頃の風景から 2018/1/9更新
サンプル
注連縄づくり

ギャラリーはこちら ご感想は談話室へ


Copyright(C)YUSUI. All Rights Reserved.
お日待ち

「日待ち」」とは、”村の近隣の仲間が特定の日に集まり,夜を徹してこもり明かす行事。家々で交代に宿をつとめ,各家から主人または主婦が1人ずつ参加する。 小規模の信仰行事で,飲食をともにして,楽しくすごすのがふつうである。”とあります。
我が集落では夜を徹してこもり明かすまではしませんが、毎年正月の第一日曜日に集まり「お日待ち」として引き継がれています。 集落の守り神や集会所はじめ、各戸の注連縄をつくって1年間飾ります。
今年はなんとか自宅の注連縄を自分で綯いました。

遊水徒然日記 2018/1/1

更新

作陶中にふと思ったこと、工房や庭の様子、二丈のイベントや釣りなどなど、ざっくばらんに書いていきます。
読む

遊水徒然日記
工房の様子を写真でご紹介します。
見る

※現在、工房見学等は行っておりません。プロフィール、このサイトについてはこちらをご覧下さい。